So-net無料ブログ作成

ネット通販なら魅力的な企画が盛りだくさんの楽天で!!

爪水虫になった場合の症状 [美容・健康]

自己判断で爪水虫を判断するのは爪水虫の症状を良く知っておかないと無理だと思います。
どの様な症状が爪水虫の症状なのか、主な症状を挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。
基本的には自分で判断せずに直ぐに病院に行って適切な診察を受ける様にしましょう。

【爪が白く濁る・爪が厚くなる】
爪水虫になった場合、爪の色が白く濁ってしまう事が有ります。症状が酷くなると白を通り越して黒く変色してしまう事が有りますので注意が必要です。
また爪水虫になると爪にいつもと違う厚みが出てくる様になりますので、常に普段の爪の状態を把握しておく事が重要になります。

【爪が崩れる・爪に筋が出来る】
爪の表面がボロボロと崩れてしまい、新しい爪が生えてきてもキレイな状態で生えてこない場合、爪水虫の症状で有ると言われています。
更に爪の表面にボコボコと何本も筋が出てきた場合も、爪水虫である事が疑われます。
本来、健康な爪の場合は形が崩れる事も筋が出来る事も無い為、爪水虫の症状が一目で分かります。

【爪周辺の炎症】
靴を履いた時に爪の周辺が痛いと感じた場合、爪水虫で有る事が多いです。
通常、爪水虫の初期段階では痛みを感じる事が無い為、痛みが感じる場合はかなり症状が進んでいる可能性が有りますので早めの皮膚科への受診をオススメします。

この様に、爪水虫の症状は色々有ります。
いつもの爪の状態をよく把握しておき、少しでも症状が該当する様な感じであれば直ぐに皮膚科を受診して早期治療をする様にしましょう。



爪水虫用にはコレ



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。