So-net無料ブログ作成
検索選択

ネット通販なら魅力的な企画が盛りだくさんの楽天で!!

爪水虫の治療について [美容・健康]

主に薬物治療で爪水虫を治療する事が出来ると言われています。
但し薬物治療でも即効性は無く、爪が全部生え変わるまで続けなければなりませんので、手の爪水虫で半年ほど、足の爪水虫で1年ほど治療期間が掛かると言われています。
その為、根気よく続ける事が完治への近道になります。
治療期間が長いと途中で止めてしまう事も有ると思いますが、その場合は再発してしまう可能性も大きいですのできちんと完治するまで治療を続ける様にしましょう。

先ずは「塗り薬」による治療です。
塗り薬は足や手の水虫には有効的ですが、爪水虫に関しては塗り薬だけで完治させる事は難しいと言われています。
爪水虫の原因となる白癬菌が爪の奥深くまで入り込んでいます。塗り薬は爪の表面だけにしか作用する事が出来ない為、完治させる事は難しいと言われているのです。
その為、塗り薬はサポート的な意味合いで使われる事が多いです。
次に「飲み薬」による治療です。
爪水虫では飲み薬による治療が主だとされています。
飲み薬を飲む事で、外からだと届かない部分に身体の中から成分を届かせる事ができ、白癬菌を退治する事が出来ます。
但し飲み薬を服用する場合、薬による副作用等を調べる為、血液検査を実施する事が必要となていますので、予め知っておいた方が良いでしょう。
また妊娠中の方、授乳中の方、肝臓疾患を患っている方、その他医師が適さないと判断した方の場合、飲み薬が処方されない事も有りますので注意してください。



爪水虫用にはコレ



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。